中型シャッターガード(Mタイプ)へ 大型シャッターガード(Lタイプ)へ

小型シャッターガード(Sタイプ)


村田 智明 株式会社ハーズ実験デザイン研究所/METAPHYS 代表取締役
1986年株式会社ハーズ実験デザイン研究所設立。2005年ミラノで、コンソーシアムデザインブランドMETAPHYSを発表、異業種でブランド流通を共有するビジネスモデルを実践。また、「行為のデザイン」という心理分析の商品開発を提唱し、2001年グッドデザイン賞で3方向衝撃加速度計が金賞受賞、2005年は無人航空機カイトプレーンレスキュー、METAPHYS/FALCEが中小企業庁長官特別賞受賞。2005年、Xbox 360のデザインを手がける。

こんなことになる前に


思わぬ強風や台風などによって、農機具倉庫・車庫・店舗などのシャッターだけにとどまらず、庫内の大切な財産も破壊されてしまいます。また、シャッターがこじ開けられて、車庫荒らしにあってしまったという話をよく耳にしませんか?
そこで登場したのがシャッターガード。
グッドデザイン賞を受賞したオシャレなデザインでありながら、庫内の安全をしっかりと守ります。
シャッターガード製品案内

製品カタログダウンロード

製品カタログ(PDFファイル)をダウンロードいただけます。
掲載されている製品カタログの内容は、2017年4月現在のものです。

シャッターガード製品カタログ(PDF1.2MB)

特徴

『シャッターを守って、大切な財産を守る』



設置可能なシャッター
  1. 国産の手動式軽量シャッター

    窓用シャッター 電動式シャッター には設置できません。
  2. シャッター1枚の寸法が、
    横幅:1.4〜3.2m 高さ:3mまで
    ※間口1.4〜2mの場合⇒[型番] SG-140
    ※間口2m〜2.5mの場合⇒[型番] SG-200
    ※間口2.5m〜3.2mの場合⇒[型番] SG-250
  3. スラットの断面形状が合うもの
    ※スラットの断面形状は下図でご確認ください。
国産の手動式軽量シャッター 横幅1.4〜3m、高さ3.2mまで

設置可能なシャッター
※注1
この形状のシャッター(トステムシャッター(Suzukiタイプ)等)は「シャッターガード」本体は取り付けできるものの、
「ホルダー」が取付けできません。
詳しくはこちらをご覧下さい。



1〜3に当てはまれば、シャッターメーカーに関係なく設置可能です

【ご注意】シャッターの内側にサッシなどの建具がある場合
※シャッターと建具の間隔が10cm以上あれば設置可能
※一般住宅の窓用シャッターには設置できませんのでご注意ください。

設置方法

設置方法
設置する高さ*1を決めます。   片方を隙間(スラットとガイドレールの間)に差し込みます。   もう片方を伸ばして反対側の隙間に差し込みます。   シャッターガードホルダーを2箇所にセット*3します。   ストップノブを2箇所しめて固定します。


*1 ●設置可能寸法は間口1.4〜3.2mで、高さ2mまでのシャッターの場合、シャッターガードを1本設置(床面より100cm程度・全高の約半分の高さ)してください。●高さ2m以上のシャッターの場合は、シャッターの全高を約3分割する程度にシャッターガードを2本設置してください。●ご使用のシャッターが、複数枚をガイドレールでつなげて設置の場合は、シャッターガードをシャッターの枚数分の本数、同じ高さに設置してください。
*2 ●シャッターガードを防犯用にご使用の場合は、アンカーの汚れを十分に拭き取ってから、付属の「防犯用シール」を両端のアンカーに貼り付けてください。●貼り付ける際は、写真のようにアンカーの背面から貼り始めてください。●隙間(スラットとガイドレールの間)にアンカーを差し込んでガタつきがある場合は、そのガタつき具合に応じて、二重に貼り付けてください。●二重に貼り付ける必要がある場合は、1枚づつ調整しながら貼り進めてください。
*3 ●全体の設置の長さを3等分する間隔で、アウター側の本体にセットします。●シャッターのスラット部の上下にツメを引っ掛けるようにセットします。

■シャッターガードは軽量シャッターへの使用を目的としています。アルミ製シャッター・電動シャッター・一部防風型軽量シャッターへの使用は不可とします。■シャッターガードを設置する際は、シャッターをしっかり床面まで降ろし、すき間なく閉めてから設置してください。■シャッターガードを設置する際は、必ずシャッターのロックと中柱のロックをかけてご使用ください。■シャッターガードを設置する際は、シャッターのスラット部にアンカー部をきちんと奥まで差し込み、十分に伸ばしてご使用ください。 ■ノブは最後までしめて、本体のアウターとインナーが動かないようにしっかり固定してください。 ■シャッターガードをシャッターの上部に設置する際は、足場をしっかり確保してから作業をしてください。転落や負傷につながります。■各シャッターメーカーの強化中柱に交換することにより、より強い風圧に対応できます。
設置例
設置例1 設置例2 設置例3 設置例4
①1枚のシャッターにSG1本設置/②高さのあるシャッター1枚にSG2本設置(高さを約3分割)/ ③複数枚のシャッターにSG各1本設置(同じ高さ)/④ホルダー設置部

主要仕様

SG-140 SG-200 SG-250
本 体 寸 法 インナー部 長さ 1,220mm 1,820mm 2,320mm
高さ 46.2mm(シャッター垂直方向)
36.7mm(シャッター接触側)
アウター部 長さ 1,252mm 1,852mm 2,352mm
高さ 53.0mm(シャッター垂直方向)
42.0mm(シャッター接触側)
素 材 インナー部 アルミ合金押出形材
アウター部 アルミ合金押出形材
アンカー部 ABS樹脂
ノブ スペースT字ノブボルト
ホルダー 素 材 鋼板
シール 素 材 天然ゴム
製 品 収縮・伸長長さ 1,400〜2,000mm

2,000〜2,500mm

2,500〜3,200mm
総重量 1,980g 2,640g 3,456g
メーカー希望小売価格 (税込) 24,500円 25,500円 33,800円
シャッターガードホルダー
シャッターガードホルダー
シャッターを押す力だけでなく外から引張る力にも付属のホルダーで防御します。
●特許第4092715号
●メーカー希望小売価格
 2個1セット…2,376円(税込)

防犯用シール
防犯用シール(消耗品)
防犯目的でご使用の場合、アンカーに貼付けるシールです。設置時にはシャッターが上がらなくなります。
●メーカー希望小売価格
 4枚1セット…756円(税込)
●特許第3912794 ●特許第4092715号 ●国際公開番号WO 2007/138788 ●日本製

シャッターガード
強度
■シャッターガード
最大曲げ強度:3.2kN
耐風圧試験:800Pa
■シャッターガードホルダー
最大引張強度:2.5kN

【試験分析】
●鳥取県産業技術センター 電子・有機素材研究所
●(財)日本建築総合研究所 試験研究センター
カラー

中型シャッターガード(Mタイプ)へ 大型シャッターガード(Lタイプ)へ

トップページへ戻る