News Release

2012/2/20
株式会社 沢田防災技研

竜巻の中でシャッターを守った「シャッターガード」

 2012年2月1日未明、島根県出雲市で竜巻が発生。新聞各社の報道によると、出雲市中心部で、民家の屋根瓦が飛ぶなどの被害を多数確認。県内には午前3時10分から竜巻注意報が発令されていた。

 出雲市立高松小学校では以前から防風対策としてシャッターガードを導入。

 竜巻は校舎北側の倉庫屋根、校舎南側の屋内プール屋根を破壊。しかしシャッターガードを設置した校舎中央の渡り廊下(風の最も強い場所)のシャッターは無傷のままであった。(メーカーとして検証した結果)


屋根の一部が破損した倉庫(外観)

屋根の一部が破損した倉庫(外観)

屋根の一部が破損した屋内プール(外観)

屋根の一部が破損した屋内プール(外観)

屋根の一部が破損した屋内プール(内観)
屋根の一部が破損した屋内プール(内観)
屋根の一部が破損した屋内プール(上部から撮影)
屋根の一部が破損した屋内プール(上部から撮影)


《高松小学校全体》



《校庭からの動画(屋内プール⇒渡り廊下⇒倉庫)》



《高松小学校教頭インタビュー》



《被害がなかった渡り廊下(シャッターガードを設置)》 被害がなかった渡り廊下(シャッターガードを設置)

以 上

トップページへ戻る